富田流手あて療法

臼井靈氣を習得された富田魁二先生。

大正末に臼井靈氣療法を学び、戦前「手あて療法会」を主宰されました。

臼井先生没後8年、富田氏により「富田流手あて療法」が出版されました。

「富田竜手あて法-講習規定」によると、

講習会は4段階に分けて指導されていたようであります。

初伝、中伝、奥伝、皆伝。

講習会は5日間を以て1講習とし、1日2時間で5日間。

これで初伝が終了するという具合です。

同様に中電、奥伝とそれぞれ5日間をかけて終了し、

皆伝は15日間をかけて行われていたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:wink: :-| :-x :twisted: :) 8-O :( :roll: :-P :oops: :-o :mrgreen: :lol: :idea: :-D :evil: :cry: 8) :arrow: :-? :?: :!: